Make your own free website on Tripod.com

  coal


Home   Back   Next  




金切り声をあげて、ボクの神経が千切られてゆく
途切れ途切れの神経をひきずり乍ら
カゴいっぱいのザクロを頬張り
ベトベトと落ちるその果汁を執愛していたんだ
黒いマネキンの手をとり添い寝するオトコ
オマエだってそうするはずだ
そうやってみんな自らの皮フをダイナシにしてゆく
アブっていたカタツムリが思いだしたように
ぷちぷちと煮えはじめる様をながめていた



26th/oct/1992 Z.Mastabe