Make your own free website on Tripod.com
幻覚発動薬 Hallucinogens


【睡眠薬/鎮痛薬】

主成分 バルビタール(barbital)、ブロムワレリル尿素、アンチピリン類、クロルブロマジン、抱水クロラール(chloral hydrote)など
投与方法 経口投与
効果 アルコールのそれに似ている。多幸、陶酔感を生ずる。本来は不眠・不安・疼痛等を抑えるものである。
耐性・依存 耐性を生じる。身体的依存性/精神的依存性ともに生じる。反復使用しているうちに依存が生ずることが多い。睡眠剤の中毒症状は薬物中毒の中でも最も重い。殆どアルコール中毒と似ているが、高度の場合は半昏睡状態、呼吸抑制、ショックを示すことがあり、時に死に至る。人格破壊も著しい。鎮痛剤・精神安定剤も程度はより軽いが、大量連用すれば同様の症状を発する。
備考 バルビタールはジエチル−バルビツール酸(barbiturates)で、無臭の白色結晶。使用には「麻薬及び向精神薬取締法」の制約を受ける。

 


back