Make your own free website on Tripod.com
幻覚発動薬 Hallucinogens


【ショウブ(acorus calamus)】

主成分 根と茎からアサロンとその立体異性体ベータ・アサロンが得られるが、それが催幻覚作用の成分であるかどうかは不明。
投与方法 経口投与(根茎を煎じる。或いは繊維を取り除き乾燥したものを噛む)。または乾燥粉末を鼻孔吸入。
効果 興奮状態となり、さらには幻覚を齎す。
備考 サトイモ科の多年草で単子葉植物。 つるぎ状をしていて、地下茎から2列に抱き合って直立する。  花茎は葉より短く、1個の太い淡黄緑色の穂状花序をだす。  日本各地の池沼や水辺に見られ、ショウブ湯などで親しまれてきたもの。 葉は50〜80cm。  花期は五月〜八月。 全体に香気がある。 穂には1枚の葉状の包がある。  日本各地で見られ、シベリア・東アジア・中国等に分布。

 


back